ローマ教皇訪日・長崎ミサ

 ローマ教皇訪日・長崎ミサ

2019年11月26日 NEWS 利用事例紹介 0

11月24日に1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりに約12億人の信者を抱えるカトリック教会のトップでローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が訪日。

長崎での『訪日教皇ミサin長崎』に福岡早良観光バスをご利用いただき、大型バス7台が運行いたしました!!

11/24当日は雨が降る中、250台ほどのバス、交通機関利用者も含めて約3万人がビックN球場を目指し各地から会場内に参加者が殺到し始めるため、車庫を6:10~7:00に出庫して大名から大型5台・西新から大型2台出発。

長崎大学文教キャンパス・九電ビルにて待機後に17:00頃には各車両が長崎を出発。20:30頃にはお客様を福岡にて降ろし、無事に運行が終了しました。(ご利用人数は308名でした)

今回、38年ぶりの来訪で核兵器廃絶を強く訴えているフランシスコ法王は、訪問先の一つ被爆地長崎から「平和メッセージ」を世界に向けて発信する意向で、何を語るか全世界が注目していた事もあり、そのような歴史的な日に福岡早良観光は信者の皆さんを乗せて運行できた事を光栄に思います。

長崎大学での待機中の様子♪  撮影協力:上原ドライバー

皆さまのまたのご利用を心よりお待ちしております。